2015年03月03日

KingArms VSS Vintorez

 
KingArms「VSS Vintorez」

今回レビューするのはKingArmsから発売されている電動ガン「VSS Vintorez」です。
FPS系のゲームにもよく登場するらしいので、見たことがある人も多いと思います。

VSSといえば旧ソビエト連邦が開発した半自動消音狙撃銃。
銃身を覆うような大型のサプレッサーが特徴的な銃。
専用の亜音速弾を使用する。
愛称は「ヴィントレス」


というわけでレビューです。
他社との比較も交えて見ていきましょう。

シルエットは実銃通りですね。
ハンドガードやマガジンは実銃通りプラスチックで出来ています。
本体はアルミ製、ストックはリアルウッドとなってます。
LCT製のものはスチール製で頑丈ですが、アルミと比べるとかなり重いですね。

 
ストックの仕上げがなかなかいいですね。
個人的にはLCT製のものと並ぶくらいの仕上がりだと思います。

 
この銃はセレクターが独特で、トリガーの後ろにセレクターが存在します。
左右に動かすことで、セミ、フルと切り替えができます。
狙撃銃なのにフルオートなんて電動ガンだけだろうと思う人もいるかもしれませんが、これは実銃でも存在する機構です。
元々長距離での精密狙狙撃ではなく、中距離から短距離の狙撃、並びに近距離での銃撃戦を前提に設計されているので、フルオートも存在するというわけです。

 
AKではセレクターの役割をする部分は、ただのセーフティになってます。

 
VSSはAKと同じメカボックスを使用しているため、HOP調整もAKと同じ位置にあります。
ただ、現在HOPなしの位置にしても若干HOPがかかってしまいます。
HOP周りは少し調整が必要ですね。

 
そしてこの銃、なんとサプレッサーの部分にバッテリーが入ります。
中にはインナーバレルを覆う細いアウターバレルがあり、かなりタイトです。
なので普通のバッテリーは入らず、二股のセパレートタイプのリポバッテリーしか入りません。
入れる際もコツがあり、最初はなかなか上手く入れられないと思います。
S&T製のVSSはインナーバレルを下にずらすことでこの問題を回避していますが、当然BB弾はサプレッサーの円の真ん中からではなく下から出るようになります…流石にこれは興ざめですね。

 
マガジンは350発の多弾マガジンが付属。
フルサイズで350発しかないので若干不満が残りますが、マガジンは別売りでもこれしか存在しないので選択肢はありません。
個人的にスプリング給弾方式のものが欲しいですね、あと狙撃銃らしくショートマガジンも…
その点LCT製のVSSはフルサイズ、ショートサイズのスプリング給弾式マガジンが存在します。
しかし多弾マガジンは250発と劣るところもあるので、一長一短といった感じ。
ちなみにLCTのマガジンはKingArmsのVSSでは使えないらしいです。
給弾部分の設計が全く違うようですね。

 
VSSのスコープといえば「PSO-1」でしょう。
自分はKingArms製のPSO-1を買いました。
レティクルは実物同様赤色に光らせることが出来、非常に鮮明に映りますね。
ただ、レンズの周りが若干歪んでおり、視界は手放しで良いとは言えません。
しかしレンズ自体はクリアなため、アイリリーフに慣れさえすれば気にならなくなると思います。


●VSSの動作、性能について
海外製の電動ガンは基本的に地雷と思ったほうがいいというくらい、日本製のものに比べて内部の質が悪いです。
箱出しで動かなかったり、作動が怪しかったり、マガジンから弾が給弾されない、二重給弾になる、HOPがかからなかったりなど…挙げるとキリがないです。
このVSSに関してもネット上では色々な報告が出回って不安だったんですが、幸いうちのVSSは箱出しでも動いてくれて、命中精度もなかなかに良かったです。
しかしメカボックス内の音がどうも怪しいということで、ショップの常連様たちのお力を借りて分解、調整しました。
内部は、メカボックス内の軸受、ギア交換、シム調整、ピストン&シリンダー交換、スイッチ接点の調整、全体にグリス塗布…
分解ついでにHOPパッキンをマルイ製、インナーバレルはライラクス製のものに変更。
そんな感じで色々調整された結果、10m離れた場所に吊るされた50×40くらいのサイズの鐘に何度も連続HIT出来る、まさに狙撃銃といえる性能になりました。
分解調整を手伝って頂いた皆様に感謝!


 
VSS、かっこいいですよね。
ショップで現物を見た瞬間にその独特なシルエットに心惹かれました。
海外製の電動ガンとあって、買うまでにかなり悩みましたが、皆様の協力もあり非常に素晴らしい銃に仕上がりました。
海外製電動ガンは分解や調整が必要になる場合が多いですが、今ではショップ側で調整してくれるサービスがあるので、不安な方はそちらで購入するというのもありですね。
国内電動ガンの安定さは魅力的ですが、たまには海外製の電動ガンに手を出してみるのもありですね。
機械をいじるのが好きな人には特にオススメできると思います。


同じカテゴリー(電動ガン)の記事画像
次世代 SOPMOD KAC SR16カスタムを更にカスタム
TOP JAPAN SR16 URX3.1 ライブカートモデル
「次世代 SOPMOD M4 AR15風カスタム」改め
ISC M1ガーランド ガンスミスバトンチューニング
次世代M4 AR15風カスタム 色々変更
KingArms SVD Dragunova
同じカテゴリー(電動ガン)の記事
 次世代 SOPMOD KAC SR16カスタムを更にカスタム (2016-08-24 01:35)
 TOP JAPAN SR16 URX3.1 ライブカートモデル (2016-01-17 15:16)
 「次世代 SOPMOD M4 AR15風カスタム」改め (2016-01-12 23:52)
 ISC M1ガーランド ガンスミスバトンチューニング (2015-11-18 01:01)
 次世代M4 AR15風カスタム 色々変更 (2015-07-24 02:04)
 KingArms SVD Dragunova (2015-06-12 01:58)

Posted by 銀色二十代  at 19:18 │Comments(0)電動ガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。