2016年08月24日

次世代 SOPMOD KAC SR16カスタムを更にカスタム

 
「次世代 SOPMOD KAC SR16カスタム」を更にカスタムしました。

今日は自分のお気に入りである「次世代 SOPMOD KAC SR16カスタム」のカスタム記録となります。
というわけで、変更箇所の解説等していこうかと思います。

まず大きく変更したのがスリング。
今まではストックチューブにスイベルを取り付けていて、そこにワンポイントスリングを通して使用していました。
しかし16インチの銃身ではワンポイントスリングは若干使いにくく、今回はライラクスの「LMG 2ポイントスリング タイプV」を採用してみました。


スリングは、前方はkeymodの鍵穴にパラコードを通してそこに取り付け、後方はストック部分に直接巻き付けました。
見た目は一般的な2ポイントスリングなんですが、このスリングの優れているところはスリングの長さを容易に変更できることです。


スリングの中間のパラコード部分を引き上げるとスリングが緩みスリングが長くなります。
縮めるのも簡単で、垂れ下がっているベルト部分を引くことでスリングが短くなります。
このスリングの長さを瞬時に替えられる機能が意外と便利で、移動時はスリングを短くして身体に密着させて移動しやすくなり、銃を使用する際はスリングを長くして使用する、というように状況に合わせて使い分けることができます。


また、スリング部分はワンタッチで外せるようになっているため、別売りのクイックデタッチャブルセットというものを使えば他の銃にもワンタッチで取り付けが可能。
複数の銃で同じスリングを使う場合は非常に便利な機能です。

とまあ、このように非常に使い勝手のいいスリングなわけですよ。
最近の民間ARには2ポイントスリングを使用している写真をよく見るので、見た目的にもより民間カスタムに近づけたといえます。

 
また、初めてハンドストップというものを取り付けてみました。
前方にはARESの「OCTAARMS キーモッドシステム用 ハンドストップ Type B」を取り付けました。
スリムかつ軽量で使いやすい良いハンドストップです。


後方にはDYTACの「KACタイプ KEYMOD ハンドストップ」を取り付けています。
こちらは樹脂製で更に軽量です。
近距離戦と長距離戦とでそれぞれハンドストップを使い分けることにしています。

 
ハンドストップを取り付けたためレイルカバーが取り付けられなくなったので、左右1枚ずつに変更しました。
これだけでもグリップ力はあるし、何より見た目的にもスッキリした気がします。


 
というわけで「次世代 SOPMOD KAC SR16カスタム」のカスタム記録でした。
ライラクスのスリングのおかげでより一層使いやすくなり非常に満足しています。
また、ハンドストップのおかげでコスタ撃ちもやり易くなりました。
これ以上カスタムするとすると、ライラクスから発売されている次世代用のKAC刻印のレシーバーに変更するくらいですかね…
しかし電動ガンの分解は不慣れのため、あまりやりたくはないんですよね。
まあ気が向いたらやってみようと思います。
次回のカスタムをお楽しみに。



同じカテゴリー(電動ガン)の記事画像
TOP JAPAN SR16 URX3.1 ライブカートモデル
「次世代 SOPMOD M4 AR15風カスタム」改め
ISC M1ガーランド ガンスミスバトンチューニング
次世代M4 AR15風カスタム 色々変更
KingArms SVD Dragunova
東京マルイ U.S.ライフル M14 ショートカスタム
同じカテゴリー(電動ガン)の記事
 TOP JAPAN SR16 URX3.1 ライブカートモデル (2016-01-17 15:16)
 「次世代 SOPMOD M4 AR15風カスタム」改め (2016-01-12 23:52)
 ISC M1ガーランド ガンスミスバトンチューニング (2015-11-18 01:01)
 次世代M4 AR15風カスタム 色々変更 (2015-07-24 02:04)
 KingArms SVD Dragunova (2015-06-12 01:58)
 東京マルイ U.S.ライフル M14 ショートカスタム (2015-03-24 11:09)

Posted by 銀色二十代  at 01:35 │Comments(0)電動ガンM4

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。