2015年06月12日

KingArms SVD Dragunova

 
KingArms「SVD Dragunova」

「狙撃銃」とは、長距離の狙撃に特化した銃の事。
その種類は多種多様で、給弾方式で分けるとボルトアクション方式とオートマチック方式に分かれます。
そんな数ある狙撃銃の中でも、得に特徴的なフォルムをしているオートマチック狙撃銃、それが「SVD Dragunova」です。

 
というわけで見ていきましょう。
これが噂に聞く「ドラグノフ」というやつです、すごく長いでしょう?
この銃はAK47を元に設計してあるため、レシーバーの形状がAKと非常に酷似しています。


斜めから見るとよりその長さが実感できると思います。


アウターバレルと本体はフルメタルですが、アルミのためそこまで重くはありません。

   
ハンドガードとストックは木目調の樹脂ですね。
出来れば木製であってほしかったけど、決して質感は悪くありません。
むしろ軽くて扱いやすくなるので重量面ではプラスかもしれませんね。


タンジェントサイトも実銃通り機能してくれます。


セーフティはAKと同じ位置にありますが、この銃はセミオート狙撃銃なので二段階しかありません。
左がセーフティをかけた状態で、右が解除した状態。

 
しかしトイガンなので、ちゃっかりとフルオート機能も存在します。
トリガー付近に簡素なセレクターが取り付けられています。
実銃主義の人にはナンセンスなものですが、サパゲユースには有難い機能ですね。

 
ホップアップの調整はダミーボルトを引いて内側にあります。
ダイヤル調整なので調整しやすくていいですね。


マガジンは200連の多弾マガジンのみで、スプリング給弾のものは存在するか不明。
マガジンの着脱はAKと同じ方式です。

 
スコープは勿論PSO-1スコープです。
きちんとイルミネート機能もあります。
これはノンブランドのレプリカ品ですが、

 
結構きれいなレティクルです。
さすがに外が明るいと赤くは見えませんが、レプリカ品としては上等ではないでしょうかね。


●実射について
この銃は友人から買い取ったものです。
内部は分解清掃がされているそうなので、完全にノーマルな状態ではないことを先に明記しておきます。
実際に撃ってみた感じは、ギヤの音も煩くなく、弾道も割と素直で8m距離くらいで5センチ以内のグルーピングでした。
ただ、いくら調整ダイヤルを動かしても弾がHOP気味だったので、チャンバーは改めて調整が必要なようですね。
まあサバゲでは十分に使える性能なのではないかと思います…取り回しは別として。


 
そんなわけで、「SVD Dragunova」でした。
いやードラグノフ、やっばりかっこいいですよね。
初めて見たときに、この独特な剣のような形状に魅了されて以来ずっと欲しかった一品です。
当初はリアルソード社のドラグノフが一番の理想でしたが、キングアームズのものでも十分に満足できますね。
うちのドラグノフはこの子で決まりです。

 
そんな「ドラちゃん」は只今ガンラックの天辺に鎮座しています。
しかしこの存在感である…他が霞んでしまう(笑)



同じカテゴリー(電動ガン)の記事画像
次世代 SOPMOD KAC SR16カスタムを更にカスタム
TOP JAPAN SR16 URX3.1 ライブカートモデル
「次世代 SOPMOD M4 AR15風カスタム」改め
ISC M1ガーランド ガンスミスバトンチューニング
次世代M4 AR15風カスタム 色々変更
東京マルイ U.S.ライフル M14 ショートカスタム
同じカテゴリー(電動ガン)の記事
 次世代 SOPMOD KAC SR16カスタムを更にカスタム (2016-08-24 01:35)
 TOP JAPAN SR16 URX3.1 ライブカートモデル (2016-01-17 15:16)
 「次世代 SOPMOD M4 AR15風カスタム」改め (2016-01-12 23:52)
 ISC M1ガーランド ガンスミスバトンチューニング (2015-11-18 01:01)
 次世代M4 AR15風カスタム 色々変更 (2015-07-24 02:04)
 東京マルイ U.S.ライフル M14 ショートカスタム (2015-03-24 11:09)

Posted by 銀色二十代  at 01:58 │Comments(0)電動ガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。