2017年01月05日

M1911A1 改造計画その(8.5)

 
やらかしてしまいました。

最近とあるインナーバレルが結構評判いいという話を聞いたので、自分も試してみることにしました。


リポバッテリーで有名な「OPTION NO.1」の、おそらく別ブランドである「MapleLeaf」製の「クレイジージェット エアロダイナミックインナーバレル」です。
長さは138mmになります。
このインナーバレル、なかなか面白い構造をしておりまして…


写真を見るとわかりますが、このインナーバレルはバレルの先が二重構造になっており発射の際に先端の隙間から放出ガスが抜けるような仕組みになっています。
これによって発射に際BB弾の周りに空気の壁を作り、初速の低下を防ぐらしいですね。
まあこれが本当に効果があるのかどうかは分からないんですけどね(笑
そんなわけで、試験的な意味も込めて今回試してみることにしました。


何気にブランド名がレーザー刻印されています。
普段見えない部分ではありますが、なかなかオシャレですね。


ちなみに今まで組み込んでいたのは、キャロムショット製のインナーバレルです。
長さは1911用のもので、確か6.01mmのタイトバレルじゃなかったかなと思います。


今回購入したのは長めのバレルなので、こんなに長さに違いがあります。
これで組み込んでみて初速がどれだけ変わるかというところです。


ついでなのでホップパッキンもMapleLeaf製のものに変更しました。
いくつか硬度があるんですが、これの硬度はいくつだったか忘れてしまいました…確か色によって硬度が分かれていたと思います。
こいつは丸型HOPになるのですが、このパッキンの評判もなかなか良かったのであわせて購入してみました。
というわけで、このパッキンを使用した二つのバレルの初速を計測してみましょう。

 
まずこちらがキャロムショットの方。
寒さのせいもあって少し低めの初速ですが、まあこの季節ならこんなモノでしょう。
安定して73~75m/sくらいは出ますね。
ガスブロ全盛期なら80m/s近くは出るでしょう。


で、こちらがクレイジージェットインナーバレルの方です。
思ったよりも上がりましたね。
この季節で80m/s出るのなら夏場は結構な数値が期待できるでしょう。

とまあこんな感じの結果になりました。
とはいえ、そもそも元のバレルと同じ長さではないのでクレイジージェットの性能との違いというのは不明確ではあります。
まあ参考程度にということで。
そんなこんなでこのバレルは無事うちの1911に採用されませんでした
なぜかというと…

 
こういうことです\(^o^)/
何とインナーバレルの先端とアウターバレルの先端がほぼツライチになってしまいました。
つまりはですよ、ショートリコイルすると…


当然こうなりますよね、はいやらかしたー!
組み込む前に長さくらい確認しとけよ自分…そんなわけで週末にまた短いクレイジージェットバレル買ってきます(笑


同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事画像
CM355Lの追記と新計画
HK45タクティカルを入手!!
M1911A1 改造計画その⑨
M1911A1 改造計画その⑧ ようやく基本形完成
東京マルイ M4A1 MWS PTS MEGA ARMS カスタム
M1911A1 改造計画その⑦
同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事
 CM355Lの追記と新計画 (2017-01-23 21:48)
 HK45タクティカルを入手!! (2017-01-17 14:23)
 M1911A1 改造計画その⑨ (2017-01-08 21:56)
 M1911A1 改造計画その⑧ ようやく基本形完成 (2017-01-03 12:50)
 東京マルイ M4A1 MWS PTS MEGA ARMS カスタム (2016-11-29 19:34)
 M1911A1 改造計画その⑦ (2016-11-28 16:02)

Posted by 銀色二十代  at 22:47 │Comments(0)カスタムパーツガスブロカスタム1911

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。