2016年11月29日

東京マルイ M4A1 MWS PTS MEGA ARMS カスタム

 
ちょっと一気にやりすぎました…

以前レビューしたマルイの「M4A1 MWS」ですが、手持ちのコレクションを色々と手放しカスタムパーツを購入しました。


…ちょっと買いすぎました。
分かる人にはこれだけでいくらかかったかお分かりのことでしょう(

 
組み込んだ姿がこちら。
もはや原形をとどめておりません。
そんなわけでカスタム個所を見ていきます。

 
まず特徴的なのがこちら。
PTS製の「MEGA ARMS WEDGE LOCK HANDGUARD」ですね、サイズは12インチです。
MWSに元から付いているアウターバレルは14.5インチなので、ちょうどいい長さになります。


ハンドガードにはMEGAの刻印がばっちり刻まれています、流石はライセンス商品ですね。
下部には「FOR AIRSOFT USE ONLY」とプリントされており、あくまでもエアガン専用パーツですということが明示されています。

 
このハンドガードにはガスブロックも付属しているので、組み込む際には一緒に取り付けることができます。
さりげなくガスブロックにもPTSの刻印がされております。

しかしこのハンドガード、取り付けの際に気を付けなければならない点があります。
実は、このハンドガードをそのまま取り付けようとしてもアウターバレルが固定されずにグラグラと動いてしまいます。

 
そこで登場するのがこちら。
所謂バレルナットスペーサーですね。
これを間に挟むことにより、アウターバレルがきっちりと固定されるようになります。

 
ただ、このスペーサーではアッパーフレームとの間に若干の隙間ができてしまいました。
バレルナットスペーサーは色々なところから出ているので、違うスペーサーを使えばピッタリになるのかも?
ただ、幸いなことにレール部分の段差はほぼないようですね。

 
ハイダーにはとても悩みましたが、SUREFIREタイプの「FH556-215Aフラッシュハイダー」のレプリカを取り付けました。
先端が4又になっているタイプのものですね。
材質はスチールなので、触った時にスチール特有のシャリンッという金属音がします。
DAYTACのCOSTAハイダーと悩んだんですが、あちらは先端の方の内径が余りにも狭すぎたので、発射の際のBB弾の干渉を恐れてこちらにしました。
まあ実際は大丈夫なんでしょうけどね。


バックアップサイトはTROYタイプを選択。
レプリカ品ですが、ロック機構もきちんとしており刻印も綺麗で満足度は高いです。
リアの方はピープの二段階の切り替えができる点も見逃せないですね。
デザイン的にも、WEDGE LOCK HANDGUARDのカクカクした感じとマッチしています。


トリガーガードにはお約束のマグプルタイプのガスブロ用のものを装着。
しかし意外とここが一番苦労した箇所で、そのままポン付とはいきませんでした。
どうも穴の位置が若干合わないようですね。
ここの辺りは購入店の店長さんのご厚意で無料で取り付け加工をしていただきました。
そのおかげでぴったりと取り付けられました。
店長さんありがとうございます。

 
グリップはPTS製の「Ergo 2 Grip」のブラックを取り付けました。
このグリップの握り心地が最高で、表面のゴムコーティング?のおかげでしっかりとグリップ出来ます。
フィンガーチャンネルっぽい見た目ですが、実際に握る際にはあまり気にならないですね。
フィンガーチャンネルグリップが苦手な人にもお勧めできると思います。

チャージングハンドルも同じくPTS製で「AXTS RAPTOR アンビチャージングハンドル」のマルイMWS用を取り付けました。
ラッチが大きいので確実に引くことができ、かつアンビなので操作性はノーマルのチャージングハンドルの非ではありません。
チャージングハンドルを引いた時に見えるRAPTORの文字がイカしてます。

 
最後にストックですが、これもPTS製の「EPSストック」を取り付けました。
電動にもガスブロにも付くとのことでしたが、MWSにはぴったりと取り付ける事が出来ました。
機能的にはクレーンストックと同じようなものですが、やはりデザインが秀逸です。
近代的なカスタムARには外せないストックでしょう。

 
ストック後端のカバーを外すと、後ろにバッテリーの入るスペースが設けられています。
電動ガンに取り付ける際はここをバッテリースペースにしろっていうことですね。
流石高いだけあって高性能なストックです。

●実際に取り付けた後の感想
というわけで、これらのパーツを取り付けた感想を書いていきます。
まず一番の特徴のハンドガードですが、フリーフロートになったせいかチャージングハンドルを引いた際の金属音が「チャッキンッ」と良く響くようなりました。
これが純正のRASの時には感じなかった一番の変化でしたね。
これだけでおもちゃっぽさが大分なくなります。
あとは何といってもこのハンドガード、めちゃくちゃ細いです。
うちの次世代M4に取り付けているKeymodのURX4のハンドガードも相当に細かったですが、こいつはそれ以上ですね。
それでいて軽量で、取り替えた直後はRASのハンドガードがいかに重かったかということがよくわかります。
ERGOグリップは流石のグリップ力でしっかりと握り込めますし、ハンドガードも細くしっかりと握り込めるので射撃の際にもぶれにくいです。
EPSストックはクレーンストックと同じく頬付けがし易いデザインなので、狙いも付けやすいです。
TROYのサイトも通常時のピープが割と大きめで、近距離~中距離を狙う場合にはとても使いやすいと思います。
中身は弄ってないので実射性能は変わらずですが、マルイ製はこの辺りの心配をしなくていいのが本当に助かりますよね。
まあ気が向いたらインナーバレルくらいは変えてみたいところではあります。

 
というわけで、「M4A1 MWS PTS MEGA ARMS カスタム」でした。
ついにやってしまったな感がありますが、これで基本の形は出来ました。
あとはダットサイト等の取り付けですかね。
とりあえず無難にT1かなーとは思いますが、他にもいろいろと検討してみようと思います。
次回のカスタムをお楽しみに。


同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事画像
CM355Lの追記と新計画
HK45タクティカルを入手!!
M1911A1 改造計画その⑨
M1911A1 改造計画その(8.5)
M1911A1 改造計画その⑧ ようやく基本形完成
M1911A1 改造計画その⑦
同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事
 CM355Lの追記と新計画 (2017-01-23 21:48)
 HK45タクティカルを入手!! (2017-01-17 14:23)
 M1911A1 改造計画その⑨ (2017-01-08 21:56)
 M1911A1 改造計画その(8.5) (2017-01-05 22:47)
 M1911A1 改造計画その⑧ ようやく基本形完成 (2017-01-03 12:50)
 M1911A1 改造計画その⑦ (2016-11-28 16:02)

Posted by 銀色二十代  at 19:34 │Comments(0)カスタムパーツガスブロカスタムM4

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。