2016年11月28日

M1911A1 改造計画その⑦

 
一体いつまで続くのこのシリーズ…しかしまだまだ終わりません。

前回で、大体の形は決まってあとは集光サイトにしたいだけーみたいなことを書きましたが、そんなことはありませんでした。
よーく見てみると細かい不満点が色々と出てくるんですよね…


そんなわけでパーツを追加購入。
PDIのハイキャパ5.1用のスプリングガイドとデトネーターのSL(ストームレイク)タイプのアウターバレル。
たったこれだけですが、これだけで約1万円ですよ…(白目

 
組み込んだ姿がこちら。
ちょっとした変化ではありますが、前に取り付けていたライラクス製のねじ切り付きのアウターバレルよりも若干長くなっています。
そのおかげでシルバーのアウターの露出が多くなり、いかにもカスタムモデルっていう感じになりました。


ホールドオープン時はこんな感じ。
バレルの先の方は少し段差が付いていて、若干太くなっています。


ついでにネジカバーも同じくデトネーターの「SilencerCoタイプ」に変更しておきました。
フルート形状になっており、ちょっとオシャレです。
しかし文字の位置は反対になってしまいました…こういうのって調整する方法あるんでしょうかね。

 
刻印は「SL 45ACP NM」
ライラクスのアウターの刻印はシンプルに「PH」だったので、こちらの方が個人的には好みです。
ちなみに、ライラクスのアウターバレルもデトネーターのアウターバレルもアルミ製ですが、組み込んだ際の金属音が響くのはデトネーター製の方なんですよね。
同じアルミ製とはいえ、この違いは大きいです。

 
スプリングガイドの方の変更理由は、つまるところ「質感」ですね。

 
これを見てもらうとわかりますが、マルイ純正品との品質の差は明らかです。
材質もステンレスになっており、重量増加にも貢献しています。
前回ハイキャパのスプリングガイドを使えるようにカスタムしたので、ハイキャパ用のワンピース構造のものを使うことができました。
リコイルプラグの方もPDIの1911用を使用していたので、パーツ同士の統一感もあります。


 
というわけで、「M1911A1 改造計画その⑦」でした。
このままだといつまでも完成する気配のないこの子ですが、ここまで来たら徹底的にやってやります。
次回のカスタムをお楽しみに。


同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事画像
CM355Lの追記と新計画
HK45タクティカルを入手!!
M1911A1 改造計画その⑨
M1911A1 改造計画その(8.5)
M1911A1 改造計画その⑧ ようやく基本形完成
東京マルイ M4A1 MWS PTS MEGA ARMS カスタム
同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事
 CM355Lの追記と新計画 (2017-01-23 21:48)
 HK45タクティカルを入手!! (2017-01-17 14:23)
 M1911A1 改造計画その⑨ (2017-01-08 21:56)
 M1911A1 改造計画その(8.5) (2017-01-05 22:47)
 M1911A1 改造計画その⑧ ようやく基本形完成 (2017-01-03 12:50)
 東京マルイ M4A1 MWS PTS MEGA ARMS カスタム (2016-11-29 19:34)

Posted by 銀色二十代  at 16:02 │Comments(0)カスタムパーツガスブロカスタム1911

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。